その腰痛!放っておくと坐骨神経痛になる。

あなたは“坐骨神経痛”という言葉はご存知でしょうか?
坐骨神経痛はどのような症状なのかをご存知でしょうか?
「私は腰痛だから違うかな。」と思っていらっしゃるかもしれませんが、
実は、ぎっくり腰や慢性腰痛などからも坐骨神経痛に移行する場合もあるので他人事ではないんです!
ここでは“坐骨神経痛”に関して簡単にご説明させていただきます。
・坐骨神経とは?
・坐骨神経痛って何?
・坐骨神経痛の症状
・坐骨神経の代表的な原因
・まとめ

坐骨神経とは?

まずは坐骨神経が何なのかを理解していただかない事には先の話ができかねますので、こちらの内容をお読みいただき坐骨神経とは何なのかをご理解ください。
坐骨神経は最も太く長い末梢神経です。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、お尻の深部にある梨状筋と呼ばれる筋肉の下を通って太ももの後ろ側を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、すねの外側や足の裏にまで神経が続いています。
坐骨神経は運動神経、知覚神経、自律神経線維を含んでいるため、筋肉を動かす命令を出したり、感覚を脳に伝えたり、無意識下で血管や内臓など身体の全ての細胞を調整するなど…様々な機能を持っています。
また神経の回りにはとても細い血管が豊富に存在しています。
※この図は簡略図のため神経の分岐は記載しておりません。

坐骨神経痛って何?

坐骨神経痛は何らかの形で坐骨神経や周囲の血管が圧迫や障害され傷ついた状態です。そのため、坐骨神経沿いに痛みを引き起こしているものと考えられています。

坐骨神経痛の症状

・腰痛
・仙骨痛
・股関節痛
・臀部痛(お尻の痛み)
・太もも裏~外側の痛み・しびれ
・ふくらはぎ裏~外側の痛み・しびれ
・すねの前~外側の痛み・しびれ
・足の裏や足趾の痛み・しびれ
・下肢後面~外側の痛み・しびれ
・下肢のつっぱり感
・下肢の感覚が鈍い
・足に力が入りにくい
・冷えてくると症状が悪化する
などが代表的な症状としてあげられます。

坐骨神経痛の代表的な原因
代表的なものは二つご紹介致します。

腰椎椎間板ヘルニア
“腰椎椎間板ヘルニア”では坐骨神経の始まりでもある腰・仙骨部分で神経や
周囲の血管が圧迫され、坐骨神経痛の症状が現れます。ですので、ヘルニアでお尻や足に痛みやしびれが出るのは坐骨神経痛の症状と同じという事になります。

梨状筋症候群

“梨状筋症候群”こちらは初めて耳にする方も多いかもしれません。
坐骨神経は腰・仙骨から始まり、お尻の深部で梨状筋の下の梨状筋下孔と呼ばれるトンネルを通過し、下肢後面を下っていきます。
梨状筋症候群と呼ばれる状態は筋肉の緊張や身体の歪み・骨盤の歪みなどにより本来通過できるこのトンネルが狭くなっており、神経や周囲の血管が圧迫され障害されている状態です。

まとめ
坐骨神経痛の事に関して簡単にご理解いただけたでしょうか?
坐骨神経の症状や原因はそれぞれありますが、根本的な共通原因があります。
・身体の歪み
・骨盤の歪み
・身体のアンバランス
・柔軟性の問題
・姿勢の問題
・筋膜の歪み
・身体の使い方
・血流障害
などが共通原因としてあげられます。
腰痛・骨盤専門セラピストが在籍するめばえ鍼灸整骨整体院では様々な視点から痛みや症状の改善は勿論、
当院では座骨神経痛を根本的に解決するための身体作りのサポートを全力でさせていただいております。
あなたの坐骨神経は改善されます!
是非、あなたのお悩み岡山随一のめばえ鍼灸整骨整体院にご相談ください。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。