妊婦さんの腰痛・お尻・股関節の痛み

妊娠中の多くの方が腰痛・お尻・股関節の痛みで悩まされます。
妊娠中はホルモンの影響や体型・姿勢の変化などにより生まれて初めての腰痛を
経験される妊婦さんのも少なくありません。

妊婦さんの腰痛の原因って何なの?

妊婦さんの腰痛の原因は3つ

ルモンによる骨盤の緩み

インナーユニットの機能不全

姿勢の変化
3つの原因の一つ、ホルモンによる骨盤の緩みについてお伝えしていきます。

ホルモンによる骨盤の緩み

骨盤は1つの骨ではなく、大きく分けると3つの骨のが集合して骨盤として機能します。
骨盤の構造についてはこちらをご覧下さい。
骨盤の前後に関節(結合)あります。
前では左右の恥骨が合わさり”恥骨結合”があり、
後ろでは左右の寛骨と仙骨で仙腸関節を形成しています。

赤ちゃんの通り道となる骨盤(骨産道)は、お母さんの負担を軽くするのと、少しでも赤ちゃんが楽に
出てこれるようにと妊娠時にはホルモン(リラキシン)作用により関節に緩みが生じます。
この関節緩みが出てくる事により、筋肉や靭帯への負担も大きくなり腰痛・お尻・股関節痛
などの痛みが出やすくなります。
しかし、そのすべての方が痛みを引き起こすわけではありません。
関節が緩んだ時でも、正しく筋力が発揮され支えが効いている方は痛むことはありません。

腰痛には骨盤を支える筋肉の「バランス」が重要。

緩んだ関節を支える筋肉がバランス良く働くことが出来ると、
腰痛やおしりの痛みが出ることはありません。
その根拠は、普段私たちが診させていただいている妊婦さんも、
以前運動をされていた方、ヨガ・ピラティス・適度な運動をされていた方は全員
ではありませんが、痛くなりにくい傾向があります。
反対に、学生時代にもとくに運動していなかった方や、ここ数年運動をせず、
デスクワーク中心という方ほど、痛みが強く出ている方は多いです。
ここで重要なことは決して、「筋肉の弱さ」だけが原因なのではなく、
「筋肉のバランスと正しい使い方」に痛みが出ない秘訣があります。

妊娠さんの腰痛・お尻の痛みの改善法

筋肉の弱さが原因ではないということをお話ししましたが、
その証拠をお話ししますと、当院で筋肉バランスを整える体操やトレーニングを
した方は、過去に運動経験がなくても一瞬で痛みが緩和します。
もちろん一瞬で筋肉が強くなることはありませんので、
『筋肉をバランス良く使える状態を作る』

『上手く使えていない筋肉を使いやすくする』
この2点の改善により痛みが緩和されると言うことになります。
これをご自宅でもできる方法をお伝えしたいと思います。
しっかり歩きましょう。

一度思い返してみて下さい。
妊娠前より歩く頻度が急激に減ってはいませんか?
散歩をする事により気分転換にもなるのでとてもおすすめです。
歩くことによる効果は以下の通りです。
・骨盤の3つの関節を安定させてくれる筋肉
(臀筋、内転筋、骨盤底筋など)が刺激され働きがよくなる

・筋肉が強くなり、「バランスが整う」

・体型・姿勢をコントロールできる体を作る
妊婦さんが良く言われていることは、
「痛いのは朝起きる時、座っていて立ち上がる時で、
歩いている時やこまめに体勢を変えているときは痛くないんです。」
と言われています。
これは歩くことで、筋肉がバランスよく使われて骨盤の関節が、
安定するからなんですね。
ですので、歩けないほど痛いとき、主治医から安静を指示されているとき、
以外はどんどん外を歩きましょう。
急に、長距離を歩いたり、山道などを歩くと、
かなりきついので、ゆっくり短時間で、体調と相談しながら始めてみてください。
岡山のめばえ鍼灸整骨院~Medical Body Remake Salonではマタニティ整体や産後骨盤整体を行っております。
当院は安心・安全にマタニティ整体を行える数少ない整体院です。
お気軽にご相談ください。

こちらの関連記事も併せてご覧ください。
抱っこをすると腰が痛い…改善方法はこちら
東洋医学からみた腰痛はこちら
ぎっくり腰・腰痛でお悩みの方はこちら
腰痛を本気で改善したいあなた…はこちら
妊娠中~産後の腰痛はこちら
妊婦さんの身体の変化はこちら
産前・産後の骨盤整体で当院が支持される理由はこちら
最後までお読みいただきありがとうございました。