本みりんは砂糖で代用できると思いますか?

こんにちは。
宗友 阿里沙です。

今日は「本みりんの日」です。

アルコールが1%未満の「みりん風調味料」や
塩分を含んだ「発酵調味料」が
本みりんと区別されずに
使用されているケースが多くあるなかで
本みりんの良さを知ってらうために
制定されました。

いい(11)みりん(30)の語呂合わせから
この日に制定されました。

皆さま、みりんの調理効果をご存知ですか?

恥ずかしながら私、
全く知りませんでした><

つい先日、
料理をしていたら「本みりん」がないことが判明。

しかし、本みりんの調理効果を知らなかったので
「まぁ、良いか」と思い
砂糖を少し多めにして代用しました。

そして普通に美味しくできあがったので
何日か買わずにいました。

しかしここで疑問が。

「本当に砂糖で代用できたのか?」

もし本みりんを砂糖で代用できたら便利ですよね?

疑問を解決するため
本みりんは砂糖で代用できるのか?
調べてみました!

本みりんとみりん風調味料の
原料&製造工程の違い

みりん風調味料の原料

水あめなどの糖類、米、米麹、
うまみ調理料などをブレンドして作ります。

本みりんの原料

もち米、米麹、焼酎もしくは醸造アルコールで
じっくり熟成して作られます。
この熟成の間に
多種類の糖類や
アミノ酸などのうまみ成分がつくりだされます。

main

砂糖にはない本みりんの調理効果

・照り&ツヤ

複数の糖類が食材の表面に膜をつくり、
照りとツヤをつけながら
素材の水分やうまみを保ちます。

・ふっくら上品な甘み

砂糖は強い甘みで、本みりんは温和な甘みです。
その違いは、
砂糖の成分が甘みを強く感じるショ糖なのに対し、
本みりんに入っているブドウ糖やオリゴ糖などの糖類は
それも甘みが柔らかいので
その分、料理がまろやかで上品な仕上がりになります。

・味がしみこむ

まずアルコールが素早く食材にしみこみ、
同時に旨み成分アミノ酸や
糖類などの味もしみこみやすくなります。
また、醤油や味噌などの調味料とも相性が良く
味をまとめる効果もあります。

・深いコク&旨み

原料のもち米から生まれる
アミノ酸やペプチドなどの
天然の旨み成分と糖類、
その他の多種多様な成分が複雑に絡み合って
豊かなコク、深い味わいが生まれます。

・煮崩れ防止

糖とアルコールが働いて煮崩れしません。
見た目が美しいだけでなく
食材の旨みを外に逃がしません。

・消臭

熱が加わりアルコール分が飛ぶときに
アルコールと一緒に
魚や肉の臭みも飛び、
さらにアミノ酸と糖類も生臭さを消す役目をします。

185281257_624

ということで
本みりんは砂糖で代用できるのか?については
甘みの質の違いや、
本みりんだけがもつ調理効果があることから

代用できないということが分かりました。

健康なからだを作るのに大切な食事。
和食では
醤油、砂糖と同様に使用されることが多い本みりん。

これからは
本みりんの調理効果を意識しながら
家族の健康なからだを作る、
喜んでらえる食事を作っていきたいと思います^^

086-206-5690

インスタグラムも毎日更新中!
アカウント  mebae_body_remake_salon

ハッシュタグ #めばえ鍼灸整骨院

是非チェックしてください♪

笑顔コーディネーター
宗友 阿里沙