結露が健康をおびやかす?!

こんにちは。
宗友 阿里沙です。

今日は「換気の日」です。
1987(昭和62)年に
日本電機工業会の換気扇専門委員会によって制定されました。

換気について
正しい知識をお知らせしていこうという思いが込められています。

これからどんどん寒くなり、
換気をすると寒いから・・・と
あまり換気をしなくなる方も多いのではないでしょうか?

また、窓につく結露が気になりだす季節でもあります。

皆さまの自宅の窓ガラスに
結露が発生していませんか?

我が家でも
ここ最近、当然のように発生している結露。

「いつものことだから」と
そのままにしていませんか?

winter-1169046_960_720

実はそのままにしておくと
様々な危険をもたらす結露!

ということで
本格的に寒くなる前に
結露や換気について紹介します。

そもそも
どうして換気が必要なのか?

それは
結露を放置していると
壁紙が汚れたりカビの発生につながるため、
健康への悪影響もあるためです。

室内の湿気になって発生するこのような現象には
換気がとても効果的です。

換気をすることで
湿気を逃がして
湿度を下げることができます。

そのほかにも
意外と知られていない換気の効果があります。

換気の効果

除湿

上記にも書いた通り、
換気は室内の湿度を下げるのに効果的な方法です。
お風呂場などの
水回りから発生するのはもちろん、
人からも水分の放出はあります。

結露はカビが発生するのはもちろん
床や壁の傷みの原因にもなります。

除塵

空気中のほこりには
目に見えない有害な雑菌が付着していることがあります。
そんな室内のほこりは
換気によって追い出せます。

脱臭

換気は色々な原因から発生する
不快なにおいを
速やかに排出することができます。

シックハウス対策になる

室内の換気不足により
今まで目立たなかった汚染物質が注目されています。

その汚染物質は
建材や家具、身近な家庭用品や
建材などに使用されている接着剤などから発生します。

そしてその物質が及ぼす影響を
「シックハウス症候群」と呼び、
近年深刻な問題となっています。

シックハウス症候群を簡単に説明すると
建材が原因でからだが不調になる健康障害のことです。

シックハウス症候群の症状の一例
・めまい、吐き気、嘔吐を繰り返す
・息が詰まる感じがする
・気道がぜいぜい音を出す
・疲労を感じやすい
・唇などの粘膜が韓雄する

じゃあ、
これらの物質を使わなかったら良いのでは?と思いますが
それはかなり難しいことです。

なぜなら、フローリングや壁材として
新しい建材が多く使われますし、
壁紙やカーテン、カーペットや畳などにも
防カビ・防虫、難燃処理がされているからです。

そのため、現実的で簡単な対策として
十分な換気をすることだと言われています。

spring-garden-window-frame-view

 

いかがでしたか?
ふだん何気なくしている換気。

その換気には
きちんとした意味があり、
私たちの健康のためでもあったのです。

住宅の傷み対策、
健康への配慮として
今後は今まで以上に
換気を意識して生活をしていきましょう。

めばえ鍼灸整骨院は
皆さまの毎日が
少しでも快適になるように
サポートしていきます。

086-206-5690

インスタグラムも毎日更新中!
アカウント  mebae_body_remake_salon

ハッシュタグ #めばえ鍼灸整骨院

是非チェックしてください♪

笑顔コーディネーター
宗友 阿里沙