いい母乳を育てる

おはようございます。
宗友 阿里沙です。

今日は「DHAの日」です。
(株)マルハニチロ食品が
健康生活に必須であるDHAの
認知度の向上を目的として制定しました。

なぜ6月22日なのか?

DHAは6つの二重結合を含む
22個の炭素からできていることから
6月22日をDHAに日としました。

DHAは魚の油に多く含まれている必須脂肪酸である
オメガ3脂肪酸のひとつで
私たちの身体に必須の栄養素です。

必須というだけあって
人間の脳や目の網膜、心臓や
胎盤、精子、母乳に多く含まれています。

それほど大切な存在でありながら
体内ではほとんど作られず、
食事やサプリを通して摂取するしかありません。

DHAが注目されたきっかけ

1970年代に行われた研究で
グリーンランドに住むイヌイットは
心筋梗塞に死亡率が低く
動脈硬化・脳梗塞などの血栓症の発症も非常に少ないことが判明しました。

彼らの食生活は魚やアザラシが中心で
野菜は全く食べません。

研究により
アザラシの脂肪層に含まれるDHA.EPAが
関与していることが分かり
注目されるようになりました。382583638_177

DHAの効果・効能

コレステロールの低下

中性脂肪の低下

動脈硬化の予防

高脂血症の改善

抗うつ作用

高血圧の抑制

視力低下の抑制

生活習慣病の予防

抗アレルギー作用

学習能力・記憶力の向上

乳幼児の脳や神経の発達

アルツハイマー病発症の抑制

ストレスを緩和する

・・・

あげればきりがない程
DHAによる良い効果があります。

その中でも今回は
「学習能力・記憶力の向上」に注目していきましょう。

脳には血液脳関門という部分があります。
ここは脳にとって本当に必要な栄養素しか通過できない
関所のような役割をしています。

DHAはここを通ることができます。

DHAは脳の海馬に多く含まれています。
海馬は学習や記憶をつかさどる部分で
頭の良さはここの働きにかかっていると言われています。

そんななか、
DHAは赤血球や細胞膜を柔軟にし、
海馬へ十分な酸素と栄養素を届けます。

そのため魚(DHA)を食べると
頭が良くなると言われるようになりました。

また、
・物を考える
・判断する
・記憶する

これらの行動をとると
脳の中の神経細胞で情報伝達が行われます。

DHAは情報伝達を行う際の
神経細胞にも含まれているので
DHAが脳内に多く含まれていると
情報伝達能力が高くなり
記憶力や判断力、集中力が向上します。

DHAを含む主な食品

マグロ

GUM01_PH07008※DHAは熱に弱い成分です。

焼き魚や煮魚にすると2割程度、
揚げ物の場合は半分近く栄養素が溶け出してしまいます。

理想の食べ方はお刺身です。

DHAは母乳にも含まれるので
妊娠中、授乳中の方もしっかりと摂っておきましょう。

摂取量の目安は
1日1g~1,5g。
油ののったお魚を週に3回程度食べるのが望ましいと言われています。

魚を調理するのが苦手という方は
缶詰を利用してみるのもひとつですよね^^

8973540_l1

良い母乳を作るために
DHAを意識して摂っていきましょうね!

086-206-5690

ロゴマーク

インスタグラムも毎日更新中!
是非ご覧ください♪
アカウント  @mebae_body_remake_salon

https://instagy.com/search/mebae_body_remake_salon

 

笑顔コーディネーター
宗友 阿里沙