産後の骨盤~妊娠中から産後のあなたの腰痛!

妊娠中のあなたの腰痛!姿勢が原因。
あなたは今妊娠中でしょうか?
妊婦腰痛
妊娠時はとても嬉しい時期でもありますが、気分の浮き沈みや母体にかかる負担もとても大きく大変な時期ですよね。
残念ながら、産前・産後のケアの重要性の認知がまだまだ足りない事も多くあり、様々な痛みや不調・マイナートラブルを1人で抱えていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
産前腰痛
産後腰痛
妊婦腰痛
腰痛
骨盤痛
股関節痛
足部の冷え
むくみ
腱鞘炎
肩こり
頭痛
首こり
背中の痛み
寝つきが悪い
なぜか身体がだるい
ムカムカする
呼吸がしにくい
レントゲンの異常はないが痛い
などの状態でお悩みなあなた!
妊娠中でも大丈夫です!
安心してください。
あなたのために岡山随一のめばえ鍼灸整骨整体院があります。
ここでは妊娠中の腰痛についてお話をさせていただきます。
妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて腰痛を訴えられる方が多いいらっしゃいます。
妊婦さんの腰痛は身体の歪みや姿勢の悪さからくる場合がほとんどです。
※器質的疾患は除く
なぜ妊娠中は姿勢が悪くなり易いの?
原因は大きく2つあります!
①ホルモンの影響を受けて、姿勢が崩れやすくなる。
妊婦腰痛 産後腰痛
これはリラキシンと呼ばれるホルモンで妊娠3ヶ月~産後3日程の間に大きく影響してきます。
リラキシンは関節を固定している靭帯や軟部組織を弛緩させ産道を広げるために骨盤の関節
などを緩める作用をもっています。これは赤ちゃんが楽に出てこれるように行う母体の準備です。
しかし、ホルモンは骨盤だけではなく身体全体的に働くので腰を支える靭帯などにも緩みが生じます。
緩みが生じることにより、回りの筋肉にも過度の負荷がかかり痛みを引き起こしやすくなります。
またリラキシンは月経前にも分泌されるため、月経に伴って起こる腰痛にも関与していると考えられています。
妊娠時~産後または月経期にはよく仙骨痛・骨盤痛がみられます。
②身体の歪みによる姿勢の悪さ。
妊婦腰痛 産後腰痛 肩こり
妊婦さん、妊婦中の腰痛に多く見られる姿勢のタイプはこの2つです!
“反り腰型(後弯・前弯姿勢)”
妊婦腰痛 猫背 肩こり
これは言葉そのままなんですが、この姿勢は妊婦の方やヒールをよく履く女性にも多く見られます。
腰の骨は横から見ると正常でも前にカーブをしています。しかし、“反り腰”型は骨盤が前に倒れ、
さらに腰が反ってしまう体勢なんです。そのため腰を支える筋肉に過度の負担がかかり痛みを引き起こしやすくなります。
原因としては、関節の緩み、腹筋群の機能低下、お尻の筋力低下、太ももの前の筋緊張の増強・柔軟性不足、
太ももの裏の筋力低下などの問題があります。
そして、腰を反ったままでは動きにくいので胸椎(背骨)を曲げて猫背の体勢となり、胸郭(肋骨)
が下がり呼吸のしにくさや、横隔膜の活動低下、肩こり・首こり・頭痛など様々な症状を引き起こします。
“スェイバック型(後弯・平坦姿勢)”
妊婦腰痛 肩こり
初めて聞く言葉かもしれませんが、
今から内容を簡単にご説明致します。
この姿勢では骨盤が後ろに傾き、腰の骨の正常な前カーブが無くなってしまっている状態です。
原因としては、お尻の筋力低下、太もも裏の筋緊張の増強、腹筋群の筋力低下、太ももの前(腸腰筋・大腿直筋)
の筋力低下・機能低下などが考えられます。また下腹がぽっこり出ている方はこの姿勢が原因の可能性が有ります。
ここでご説明したのは一部の例です。
姿勢には個人差があるため、人それぞれ違いますが、身体の負担が少ない美しい姿勢は存在します。
街を歩いていて、回りを観察してみると美しい姿勢だととても綺麗にまたはかっこよく見えたり、とても若く見えたりしませんか?
姿勢は変えれます。
あなたの腰痛・肩こり・骨盤歪みは姿勢改善を行うことにより根本的に解決していきます。
また美しい姿勢を保つ事によって腰痛や肩こりなど様々な身体の不調の予防は勿論、胎児環境を整えることにもなります。
あなたも美しい姿勢を手に入れませんか?
当院では経験豊富なセラピストが産前~産後のトータルケアを行っております。
岡山で医師からの推薦を受け、安心・安全な妊婦~産後のトータルケアができるのは当院だけです。
妊婦腰痛・妊婦肩こり・マタニティ腰痛・マタニティケア・マタニティ骨盤矯正・産後ケア・産後骨盤矯正でお悩みのあなた!
あなたのお悩みを解決するために、めばえ鍼灸整骨整体院が全力でサポート致します。
最後までお読みいただきありがとうございました。
こちらも一緒にお読みください。
妊婦さんの腰痛改善法はこちら
産前・産後整体で当院が選ばれる理由はこちら
ママ必見。抱っこで腰痛が出る原因はこちら
妊娠中の身体の変化はこちら