睡眠の質を高める

おはようございます。
宗友 阿里沙です。

今日は「ナイスの日」です。
ナ(7)イ(1)ス(3)の語呂合わせから。
ナイスなこと、素敵なことをみつける日です。

今週は曇りや雨の日が続き、
頭痛やからだの不調が出ている方もいると思いますが
こんな日だからこそ、
些細な〝素敵なこと″を見つけて
気分軽やかに過ごしたいですね🌸

ところで皆さまは

「天気が悪い日は
朝起きるのが辛い!」

そんな時はありませんか?

朝しんどいと感じながら起きると
何時間かはその気分を引きずったまま過ごすことになります。

反対に、朝スッキリ起きれたら
1日スッキリした気持ちで過ごせますよね^^

どうせ起きるなら
スッキリ起きたい。

そこで本日は
スッキリ起きれるよう、
睡眠のコツをご紹介します。

まず始めに
悪い睡眠の原因を理解しましょう。

悪い睡眠の原因はコレ

遅い時間に食べるのはNG

夕食をとる時間が遅い人は、
朝起きるのが苦手になる傾向があります。

食事をすると
胃が消火活動を始めます。

その消火活動の最中に寝てしまうと
からだのバランスが崩れてしまい
睡眠の質が下がってしまいます。

そうなると朝起きるときに
睡眠時間が足りなくなり
朝起きれないといったことにつながります。

布団に入る2時間前には
夕食を済ませておくようにしましょう。

入浴時の温度に注意

美容にも睡眠のためにも
お風呂につかることは良いことです。

しかし、その際の温度を間違ってしまうと
良い睡眠を妨げることになります。

その温度とは42℃

42℃を超える熱めのお風呂に入ると
交感神経という
自律神経が刺激されるため、
睡眠が浅くなります。

熱いお風呂が好きな人もいると思いますが
寝る前に入るなら
リラックスして入れるくらいの温度にしましょう。

また、
お風呂につかるのが苦手な方は
色々な入浴剤を試してみて
お気に入りの入浴剤探しをすると
入浴が楽しくなるかもしれませんね^^

bath

激しい運動は避ける

夜寝る前に
ダイエットのために運動をしている方がいると思います。

ご自身の理想のからだをつくるため
運動をすることは素晴らしいのですが
寝る前の激しい運動とすると
寝つきが悪くなることがあります。

その原因は
運動による体温の上昇。

体温を上げすぎると
深い眠りを妨げる要因になります。

筋トレのような
負荷の強い運動は修就寝時間の4時間前、
ジョギングのような軽い運動でも
就寝2時間前には終わらせるのが良いでしょう。

lgf01a201409100900

ここまでで
悪い睡眠の原因はご理解いただけましたか?

では次に目覚めをよくするコツについてご紹介します。

目覚めをよくするコツ

レム睡眠とノンレム睡眠の関係をマスターしましょう

1度は聞いたことがある
レム睡眠とノンレム睡眠。

浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返しています。

朝に起きるには浅い眠りのタイミングで起きると
スッキリするのです。

交互に繰り返すのは
基本的に90分間隔なので
寝てから4時間半、6時間、7時間半で起きれば良いです。

睡眠には鉄分も大事

鉄分は、からだの為にはもちろん
睡眠にも必要なのです。

鉄分の働きは
“からだの中で酸素を運ぶ”という
大事な役割をもっています。

朝起きるには
脳に酸素を運んで覚醒させる必要があるので
鉄分不足ではぼーっとしてしまうのです。

レバーや切り干し大根、レーズンや青のりなど
鉄分を多く含んでいるものを摂るように心がけていれば
寝起きがスッキリするかもしれません。

scene_detail01_a

人間にとって、欠かせない睡眠。
その睡眠の質が良くすることは
毎日の生活の質が高まることにつながります。

そんな睡眠を今一度見直し
ナイスな毎日を過ごしましょうね✨

086-206-5690

ロゴマーク

インスタグラムも毎日更新中!
是非ご覧ください♪
アカウント  @mebae_body_remake_salon

https://instagy.com/search/mebae_body_remake_salon

 

笑顔コーディネーター
宗友 阿里沙