卵には美容効果がたっぷり

おはようございます。

今日は「伊達巻の日」です。

寿司具などを販売している千日総本社が制定しました。

ちなみに5月24日の理由は
伊達巻の由来になったといわれている人物、
伊達政宗の命日にちなんでこの日に制定しました。

伊達巻とは
卵に白身魚のすり身を加えて
甘く味付けして厚く平らに焼き
渦巻き状に巻いた卵料理のひとつです。

卵が栄養豊富なことは
みなさんご存知だと思いますが
実は美容にもいい食材でもあるのです!

なので本日は「美」に焦点をあてて
卵の魅力を紹介していきます。

t001

~卵の4大美容効果~

美肌を作る

卵に豊富に含まれているタンパク質。
そのタンパク質は肌を作り、
肌のダメージを回復させる効果があります。

また卵にはコレステロールも豊富に含まれています。

コレステロールと聞くと
体に良くないイメージがあるかもしれませんが
実は、女性ホルモンの材料になるのです!

 

やせ体質をつくる

たんぱく質は筋肉をつくるのに欠かせないもので、
たんぱく質が不足すると筋力が落ち
代謝が落ちてしまうため、
脂肪を燃焼しにくい体になってしまいます。

食べ痩せするためには
良質なたんぱく質を摂り、
筋肉をつけて代謝をあげることが大切です。

モデルの方が
ジムに行って
ゆで卵をよく食べているイメージはありませんか?

そこにはこんな理由があったのです。

 

美髪をつくる

髪の95%はたんぱく質でできています。
95%ということは、ほぼたんぱく質ということですね。

そのたんぱく質は
熱や薬剤で変化しやすく傷みやすいので
健康で美しい髪は育てていくことが大切です。

なので
美しい髪を育てるために
髪の主成分であるたんぱく質は
意識して摂るべき栄養素なのです。

 

アンチエイジングに効果的

体はたんぱく質の塊なので
いつまでも健康で若くいるためには
体をつくる良質なたんぱく質をきちんと摂取することが大切です。

他にも卵に含まれている栄養素が
アンチエイジングに効果的です。

●鉄や亜鉛→貧血予防や冷えの改善
●葉酸→細胞づくりの種になる

・・・卵ってスゴイですね!

割とどんな食材にも合い、
火加減によって何通りも楽しめるので
料理をするときに重宝する卵。

そんな卵が美容にも良いとなると
これからさらに重宝しそうです(笑)

では最後に
そんな卵の効果的な食べ方をご紹介します。

それはズバリ
夜ご飯に食べて早めに就寝する

成長ホルモンという言葉を聞いたことはありますか?

成長ホルモンは
22時から2時に盛んに分泌されるので
その時間が1日で1番、肌の再生活動が盛んに行われます。

その時に
卵から摂取したたんぱく質が活躍するのです。

成長ホルモンで活動が活発になっている時に
良質なたんぱく質があれば
さらに美肌や美髪を作ることができます。

ブログを見てくださっている皆さま、
今晩は卵料理を食べて早めに就寝しましょう^^(笑)

 

ロゴマーク

086-206-5690

インスタグラムも毎日更新中!
是非ご覧ください♪
アカウント  @mebae_body_remake_salon

https://instagy.com/search/mebae_body_remake_salon

 

笑顔コーディネーター
宗友 阿里沙